スポンサード リンク

小脳梗塞について

小脳梗塞は脳梗塞に比べると発症確率は低めだそうです。
小脳梗塞も脳梗塞に含まれて言われる場合もあるのですが、基本的に脳梗塞の症状や出る障害も違います。
脳梗塞は知ってるけど、小脳梗塞はあまり聞いたことがないという方が多いのではないでしょうか?また脳梗塞と小脳梗塞と同じで症状や障害も同じだと思っている人も多いようです。
小脳梗塞で有名なのはミスチルのボーカル桜井和寿さんが2002年に発症して入院したというのはご存知でしょうか。
桜井さんは、歌番組で「携帯電話のボタンが上手く押すことが出来なった」といっていました。
ミスチルファンの私もどうなるのか心配しました。

しかし桜井さんは今も、大変活躍中です。見た目、障害や後遺症みたいなものもなさそうです。


小脳梗塞の特徴は、めまいや頭痛、ふらつき、嘔吐という症状が現れるのです。普通に何でもないめまいと勘違いしやすい病気でもあるため自覚しにくいのです。
小脳というのは大脳の機能の補助をする部分であり、手足の動きや、歩行などを行う働き、しゃべるための口や舌、喉の動きや、目の動きなどの体の運動をスムーズにする機能と、体のバランスを保つという役割をしています。
>そのため、この小脳が梗塞などを起こし、やられてしまうと、手足の運動がぎこちなくなったり、バランスが損なわれてふらつく、ろれつが回らなくなるなど、体に障害が現れます。

小脳梗塞の原因は大脳の梗塞と比べると、血栓症が原因になることが多いようです。ただこれも一概にいえることではなく原因もいろいろあるようです。

自覚症状が比較的軽く、単に普通のめまい症状に似ているため、普通のめまいと診断されたり、検査してもCTに写らなかったりで、なかなか発見されない場合もあるようです。
小脳梗塞の初期の症状は、心房細動などの心臓病が原因ということもあるので、以上を感じたら早期治療 であれば内科治療で回復することが出来ます。
症状があるのに放置してしまい大きな小脳梗塞になってしまった場合には急速に悪化してしまい、最悪の場合死に至るということもあります。







posted by OT−M at 12:28 | 小脳梗塞

PM2.5が脳梗塞になる原因

PM2.5が動脈硬化や脳梗塞になる話は前回書きました。

PM2.5のことをいろいろ調べてみるといろいろなことがわかるし、

恐いものであるということがわかります。

日本では PM2.5が基準値の10倍近くも越えてしまう日もあるようです。

また中国ではこのPM2.5での死亡者は 2012年一年間で約9000人もいるらしいです。

報告されているのはあくまでも氷山の一角ということと思って良いでしょうとのことですので

これが原因で死亡されている方はもっといるでしょう。

PM2.5が原因で脳梗塞になり亡くなった方はこの内の半分以下です。

ほとんどが肺がんになって亡くなったということですが、

PM2.5が脳梗塞を発症させる原因となる確率というのはかなり高いようです。

中国都市部では 空気が白くよどんで 街行く人皆がマスクをしているのをテレビで見ます。

実際には家の中にいても マスクをして暮らしている人も多いようです。

ある中国の都市部で住まわれている方で脳梗塞で亡くなった方の症状がレポート報告されていましたので、

記載します。

上海に住まわれている30代の会社員の男性は、

十年前から上海に住まわれている方でした。

2012くらいから原因不明の病に犯され脳梗塞になり、

最後は亡くなってしまったのですが、死体解剖の結果

高濃度に身体に蓄積されたPM2.5が検出されたそうです。

明らかに亡くなった原因がPM2.5以外考えられないような状況だったらしいです。


この方は普段からマスクをしてPM2.5を予防されていたようです。

それに2011年頃まで病気もされたことのない方だったらしく、

PM2.5による大気汚染が深刻になった2011年から2012年にかけて徐々に原因不明の病が

出始めたらしいです。

はじめは原因不明の咳 頭痛 発熱目眩に犯されたそうです。

さらには手足の痺れ 運動麻痺 血圧異常、話にくい、

立てないなどの重い症状が出始めてきたとのことです。

そして病院に運ばれ脳梗塞と診断され、

その後も身体は重度の障害が続いてだんだんと悪くなって亡くなったということです。

脳梗塞というのは非進行の病気です。

パーキンソン病気やアルツハイマーのようになにもしなくても病気の症状が進行していく

進行性の病気ではないはずなのに、PM2.5が原因による脳梗塞は普通の脳梗塞とは違い

進行していくように悪くなっていくようです。

PM2.5による脳梗塞の原因究明はきちんとされていないのか、

まだ解らないとこだらけみたいです。

しかし、いずれにせよPM2.5が脳梗塞発症させる確率はほぼ100パーセントのようです。

ただ、この症例はPM2.5が多い中国だからあり得たのだからというわけではないと思います。

日本においてもこのような脳梗塞の症状がでないという安心はできないはずです。

日本においても、PM2.5は基準値の10倍飛ぶことがあるし、

この亡くなった中国人の例のようにマスクをしていても 多くのPM2.5を体内にいれ、

脳梗塞を引き起こしているわけですから、PM2.5はとても危険だということがわかります。

この亡くなった中国人はずっとマスクをしていた状態で脳梗塞を発症して亡くなったわけです。

マスクをしていない状態からみれば、通常のPM2.5の吸引は減少して何割かになったはずです。

それにも関わらずPM2.5、脳梗塞に犯されたわけですから、

日本においてもマスクをしていない時というのは 中国の

PM2.5を吸引している状態に近くなるわけですから

日本でマスクをしていない状態というのはPM2.5による脳梗塞の発症確率がかなり

高くなるということになります。
posted by OT−M at 14:00 | 脳梗塞 予防

pm2.5と脳梗塞

中国から飛来してくるpm2.5 動脈硬化や脳梗塞の原因となり、

発症させるということについて研究者の文献などを調べてみました。

pm2.5 はテレビのニュースなどでこの時期によく言われています。

テレビに映っている中国の街も pm2.5 で 曇っています。

ああなるとマスクをしていてもpm2.5が身体の中にかなりの量入り、

素人目から見てもかなり身体に悪い影響を与えている状況だということがわかります。

中国政府も必死で環境問題に取り組んでいるようですが

あのテレビでみるような街中が曇ったpm2.5が

飛びまわった状態が改善させることができないようですね。

中国ではpm2.5 が原因でどの病院も満員。

pm2.5 が原因で亡くなっている人も多くでているようです。

死亡者を出すほど恐ろしい病気です。

日本はpm2.5は中国に比べるとあまり飛んでないから大丈夫ということですが、とんでもないです。

日本ではpm2.5 で死亡者はでていないようですが、pm2.5が原因でいろいろな病気を引き起こすようです。

動脈硬化、高血圧、脳梗塞の発症確率が高くなるようですが、一般的にニュースなどで言われている以上に p

m2.5 が原因となり、動脈硬化、高血圧、脳梗塞の発症確率は高いようです。

動脈硬化、高血圧、脳梗塞の他には 肺がん、不妊症、循環器障害が出るそうです。

pm2.5 でこれらの病気の発症確率はかなり高いようです。

動脈硬化や高血圧、脳梗塞は 普段の食生活や運動だけを気をつけておけば予防できるというのは難しく、さら

にpm2.5に対しての予防をすることが必要になるわけです。

pm2.5 の予防は、今のところpm2.5対応のマスクが有効とされています。ただ、マスクをずっとして

おくのは難しいと思います。

ではどうすればいいのか。

われわれは呼吸をしている以上、空気中に含まれるpm2.5をいつの間にか知らないうちに身体の中に入れ

てしまいます。身体の中に入ったpm2.5というのは長い間身体の中に残るそうです。

pm2.5 を身体の外に排泄させるためにはやはり水分を摂取することが大事なようです。

水分摂取なら誰でも簡単に出来ますし、生活習慣病が原因の脳梗塞発症の予防方法としても有効です。

pm2.5は粒子が細かいため、血中に入りやすいですし、内臓器にも付着してしまうまのもあり、なかなか

排泄が難しいと言われていますが、血液を綺麗くして 水分をしっかり摂取しておくと体外に排泄するとのこと

です。

pm2.5を予防するにはまずはマスクですね。

さらに水分摂取をしっかりとしてください。
posted by OT−M at 12:42 | 脳梗塞 原因

脳梗塞 最善予防策

脳梗塞の予防法にはいろいろあります。

まずは、高血圧や糖尿病にならないことですね。

そのためには動脈硬化をふせぎ 規則正しい生活をすること。バランスの良い食事、適度な運動などですね。

しかし、仕事の関係や何らかの原因でどうしても規則正しい生活をすることが難しいという方も、世の中多いのではないでしょうか?


私の今までの体験談から考えですが、これが万人に通じるかどうかはわかりませんが、私が思う脳梗塞を予防する最善の方法は

ズバリ ストレスを溜めないことだとおもうのです。
ストレスというのは身体に悪さをするようです。

動脈硬化や高血圧 糖尿病など脳梗塞の原因になる病気も ストレスが要因になる場合も多いと聞いたことがあります。
もちろんストレスがそれらの病気の原因の中核をなすものでは、すべてがないとおもいますが。

ストレスというのは、精神的なストレスと身体的なストレスがあります。両方のストレスとも厄介ですが、特に 精神的ストレスが厄介みたいです。精神的ストレスというのはずっとつきまとうらしいのです。

ストレスを溜めないことが大事なのですが、また病気の原因を起こさないことにも繋がるのですが、ではどうすればストレスを溜めないことができるのか。

好きなものを食べて、やりたい放題して不規則な生活をしていればストレスが溜まらないかもしれません。そういうことではないのです。

食事も好きなものを食べればいいし、夜ふかしもすればいいわけです。
食べものも暴飲暴食したりするのではなく、適度に好きなものを食べればいいし、睡眠も数時間ではなく じっくりグッスリ寝たらいいわけです。

眠れない場合は 最近は 安眠グッズなんかも沢山販売されているからいろいろ試してみると良いでしょう。睡眠で特にいいのはアルファ波です。アルファ波のでるCDを聞きながら寝るのはかなり効果的ですし、ストレスもぶっ飛んでしまいます。
アルファ波を聞くだけで、ストレスを無くし 動脈硬化や高血圧を予防し、はたまた糖尿病や 脳梗塞を予防。またストレスから発病する他の病気も予防できるのです。

しかも 寝るときにアルファ波を聞くだけで。
posted by OT−M at 11:17 | 脳梗塞 予防

脳梗塞の後遺症 痺れを治すのは

脳梗塞による神経の障害による手足の痺れ・痛みというのはなかなか完治させるというのは難しいようです。

有効な治療法、手段が少ないというのです.

薬に関しては抗痙攣薬等が効果があるとされていますが,副作用として催眠作用や肝機能障害があります.

よく効く薬にもメリットもあれば 副作用というデメリットはあると思います。

神経系の痺れの改善は薬で改善するのかもしれません。

基本 脳梗塞の麻痺側の手足というのは動きが悪いはずです。 動きが悪くて末梢血管の血行不良による痺れ

という確立が多いはずです。

もし痺れ部分の運動をして痺れが軽減されるのであれば 血行不良が原因であると考えられるので少しでもい

いので運動していくことをおすすめします。

また血行不良は 温めることでも改善しますので お風呂や湿布なんかもいいかと思います。





posted by OT−M at 12:40 | 脳梗塞 後遺症 痺れ

脳梗塞は治る病気

脳梗塞は治る病気か?

昔は脳梗塞は治らない病気という認識だったが 最近は 治る 病気にかわってきている。

それこそ 脳梗塞で 体の麻痺になった場合は 神経毒の注射や 脳の神経細胞も再生不可能といわれていた

が 山中教授のips細胞の研究により 将来 再生できる可能性もでてきています。

あの理系女おスタップ細胞?だったっけ?

そういうのもでてきているので 脳梗塞の治療もガラッと変わり 治る病気になるでしょうね。

私は 医学の研究専門家ではないのですが素人目からみても 治る病気にかわっている感じがするし

将来の明るい希望も大いにあると思います。


 



タグ:治る 脳梗塞
posted by OT−M at 00:31 | 脳梗塞 治療

脳梗塞 後遺症の回復期のリハビリ

最近は、回復期病棟を開設した病院も多くなりましたね。
しかし、私のように重度な後遺症を持っている方は医療の発達によって減ってきました。

多分脳梗塞に発症された方が、回復期のリハビリを受けなくても大丈夫なくらいに医療が発達してきているんだろうとおもいます。

しかし、脳梗塞を発症される方はそれぞれが軽度、重度だったり 障害の出方も様々なわけですから 回復期のリハビリの重要性も高いとは思います。

回復期に力を入れている風潮がありますが、私の意見としては、症状が固定した方へのリハビリをもっと重要視するべきなのではないかとかんがえます。

今後、脳梗塞を発症された方の後遺症は医学の発達でもっともっと 少なくなるのではないかと思います。そのため回復期でリハビリを今以上に受けなくても済む可能性が出てきますから、回復期ではなく維持期に力を入れていくのがいいかもしれない。
posted by OT−M at 09:43 | 脳梗塞

脳梗塞とお酒

お酒は身体に良いといわれていますが

飲みすぎはだめです。

お酒も高血圧やカロリーの原因になります。

それだけが脳梗塞の原因になるわけではりません。

お酒を飲むと脱水や 肝臓が悪くなることが脳梗塞の原因になるようです。

お酒の量は控えめがいいと思います。

お酒を飲むのは適量では身体にいいのですが

飲みすぎは身体へお負担をふやしてしまうため 梗塞だけではなく

いろいろな病気を引きこす原因になるんです。






タグ:脳梗塞
posted by OT−M at 19:44 | 脳梗塞 食事

脳梗塞発症後のリハビリの間違い

脳梗塞発症後のリハビリの間違いをお話します。

いまもなお リハビリのためのリハビリをされているかたが多いです。

リハビリ信者になってはいけません。

リハビリはあなた自身の自立のためにするものです。

セラピストや医師のために行うのではありません。

セラピストや医師にほめられても 身体がよくなるものではありません。

みうしなってはいけません。

posted by OT−M at 21:49 | 脳梗塞 治療

若年性脳梗塞 発症率と原因

「脳梗塞」というと「お年寄りの病気ですね」なんて思ってないですか?

最近では「若年性脳梗塞」についても知られるようになってきました。

若い方でも脳梗塞になりやすく

最近では発症する方も珍しくありません。

また、日本人の死因として高いのです。

誰もが発症の可能性のある病気です。「脳梗塞」のリスクはあるのです。

平成24年度1月-10月 累計実数で調べてみました。


■脳梗塞は日本人の死因のワースト3

2012年10月までの、最新の厚生労働省による「国民の疾病による死亡原因統計」(死因簡単分類)では、脳梗塞は、肺炎、肺ガンに次いで死因の第3位となっています。

肺炎:100,880人
肺ガン:59,223人
脳梗塞:59,066人



脳梗塞の場合は分かりやすい初期症状がありません。普段の生活で少しずつ発症のリスクが高まっていく厄介な疾病なのです。

■脳梗塞を起こす血栓のメカニズム

脳梗塞は、脳の血流が悪くなり、脳細胞が壊死したりする病気です。その多くは動脈硬化の進行によって血管が細くなり、そこに血栓(けっせん)と呼ばれる血の塊が詰まる、またはよその場所から血栓が運ばれてきて脳で詰まって起こります。

しかし、血栓は実は悪いことばかりをしているのではありません。血栓は損傷してしまった血管を修復する働きをするのです。また、使わなくなった血栓は、血流を滞らせる恐れがあるため、普通は血液に溶かしてしまいます。

この血栓を溶かす働きをするのが「プラスミン」という酵素です。プラスミンは「タンパク質分解酵素」と呼ばれるもので、普段は「プラスミノーゲン」という形で血漿(けっしょう)に含まれています。

そして、いざプラスミンが必要となると、働くようにできています。なので、血栓で血流が止まるようなことには普通ならないのです。人間の体はよくできていますね。

ところが、年をとってくる、またストレスがひどくなってくると、プラスミンの働きが衰えることがあります。また、血液がドロドロ状態である(血液の粘性が高い)と、血栓が血液に溶けにくくなってしまうのです。

■自覚症状は見当たらない!?

発症までほとんど自覚症状がないのが脳梗塞の特徴ともいえます。またMRIなどで小さな梗塞が見つかっても、すぐに深刻な事態になるとは限りません。しかし、それを放置すると脳梗塞を引き起こすリスクが高まるといわれています。

ですから、もし健康診断で数ミリの梗塞が見つかったら専門医に相談しなければなりません。また、発症まで自覚症状がほぼない脳梗塞ですが、以下のようなことがあるなら、(たとえ脳梗塞ではないにしろ)すぐにお医者さんに行くのが良いでしょう。

●足がもつれることがある
●片目が見えなくなることがある
●体の半身がしびれたように感じる
●ろれつが回らないことがある

■「若年性脳梗塞」の報告も上がっている

脳梗塞は、血管硬化の進んだ年配の人ばかりが発症するのではありません。現在では「若年性脳梗塞」が知られています。「若年性脳梗塞」は、40歳以下、極端な場合では20歳代でも発症することがあります。

この場合には脳梗塞の原因は「脳動脈解離」「もやもや病」「抗リン脂質抗体症候群」など、体質的に血管が詰まりやすいことによって起こると考えられています。

■脳梗塞の予防とは!?

「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」「肥満」「運動不足」「ストレス」「喫煙」「加齢」が脳梗塞を引き起こす要素として指摘されています。心当たりがある人は十分に注意が必要です。

脳梗塞は血管の硬化、血管が弱くなること、血栓が溶けにくくなることが原因ですから、それを防ぐようにすることが予防になります。

●魚を食べることを心がけましょう
魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。EPAには動脈硬化を予防する作用があることが知られています。またDHA(ドコサヘキサエン酸)にはコレステロール、中性脂肪を下げ、こちらも動脈硬化を予防する力があります。DHAはサバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれています。

●運動をしましょう!
肥満、高血圧、脂質異常症などは密接に結びついています。ですから肥満を解消することは重要です。運動不足はエネルギーの代謝を悪くします。毎日適度な運動をすることは脳梗塞の予防にもなります。

●水分を取ることを心がける
脱水症状は血液の粘性を高めます。ですから、脱水症状にならないように水分を多く取るよう心がけましょう。特に二日酔いのときなどはアルコールの利尿作用などもあって、体が水分不足になっています。また夏の起床時などが脳梗塞を引き起こしやすい時期です。起床時にコップ一杯の水、などを習慣にすると良いといわれます。

脳梗塞は、たとえ命を取り留めたとしても体に障害が残ったりなど、大変に難しい病気です。普段から脳梗塞を予防するような生活をしたいものです。
*……死因のワーストデータは、「症状,徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの」「傷病及び死亡の外因」を除いています。
posted by OT−M at 16:55 | 脳梗塞 原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。