スポンサード リンク

脳梗塞前兆と治療について

脳梗塞後遺症のリハビリを考える。脳梗塞の後遺症をリハビリ・回復のために、

治療や予防の研究が進歩しています。


脳梗塞の症状は徐々に進行して増強してくるものから突然に完成するものまで千差万別で、


右脳か左脳かで症状や後遺症なども随分違います。


脳梗塞の急性期では、脳の障害がそれ以上広がらないようにする為の治療が中心になります。

一般的によく行われているのは、血管内に詰まった血栓を溶かし、血流を再開させる血栓溶解剤を投与し、壊死した脳の組織の周囲にある、死にかけた細胞を助けるための治療があります。

もう1つは、梗塞を起こした脳がむくんで脳浮腫になるのを防ぐため薬物を投与し、脳のダメージを抑える方法です。MRI検査でで脳梗塞は発見できます。

脳梗塞の前兆には気をつけましょう。 これは前触れなくやってきます。

前兆は、頭痛、めまい、手足のしびれ、疲れを感じた、

物忘れがひどくなった等がありますが、

梗塞が起こった部位により症状は様々です。

病院でリハビリすることで回復するケースもあり、

薬や治療方法に関する研究が進められています。
posted by OT−M at 00:37 | 脳梗塞 初期症状

脳梗塞の兆候 前触れ

運動障害―体の片側だけが動かない、力が入らない
感覚障害―体の片側だけがしびれる、感覚が鈍い
講音障害―ろれつが回らない
失語症― 言葉が出てこない、人の言うことが理解できない
視覚障害―片側の目が急に見えなくなる、視野の片側が欠ける、ものが二重に見える
意識障害―意識がもうろうとする
半側空間無視―左右どちらかにある物が見えているのに認識できない
眩暈―ぐるぐる回るようなめまい
失調―立てない、ふらふらして上手く歩けない
失行―日用品などの使い方がわからない 

のような症状には気を付けてください。


これらが脳梗塞の前兆です。

頭の隅っこでも記憶しておきましょう。

posted by OT−M at 10:53 | 脳梗塞 初期症状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。