スポンサード リンク

脳梗塞は治る病気

脳梗塞は治る病気か?

昔は脳梗塞は治らない病気という認識だったが 最近は 治る 病気にかわってきている。

それこそ 脳梗塞で 体の麻痺になった場合は 神経毒の注射や 脳の神経細胞も再生不可能といわれていた

が 山中教授のips細胞の研究により 将来 再生できる可能性もでてきています。

あの理系女おスタップ細胞?だったっけ?

そういうのもでてきているので 脳梗塞の治療もガラッと変わり 治る病気になるでしょうね。

私は 医学の研究専門家ではないのですが素人目からみても 治る病気にかわっている感じがするし

将来の明るい希望も大いにあると思います。


 



タグ:治る 脳梗塞
posted by OT−M at 00:31 | 脳梗塞 治療

脳梗塞発症後のリハビリの間違い

脳梗塞発症後のリハビリの間違いをお話します。

いまもなお リハビリのためのリハビリをされているかたが多いです。

リハビリ信者になってはいけません。

リハビリはあなた自身の自立のためにするものです。

セラピストや医師のために行うのではありません。

セラピストや医師にほめられても 身体がよくなるものではありません。

みうしなってはいけません。

posted by OT−M at 21:49 | 脳梗塞 治療

ためしてガッテン 脳梗塞 神経毒 ボツヌスリ菌 注射 治療

6月6日のためしてガッテンで放送していた
神経毒(ボツヌスリ菌)を使って脳卒中の麻痺を治療する 方法
最近は広まって どこの病院でも治療方法として導入されているようです。
大きな特定の病院に行かなくても治療を受けれるのはありがたいですね。

テレビでやっていたのは 脳梗塞のケイセイ麻痺の方の上肢に神経毒(ボツヌスリ菌)を注射をして 随意的な動きを引き出そうとする治療法です。
固定された症状でケイセイ麻痺の方で症状の改善をあきらめていた方にとっては大変 うれしい治療法ですよね。
しかしながら この治療法をしたところで 随意的な動きがでるのは 2週間程度のようです。
カギはその2週間程度の間でどのようなリハビリができるかと言うことになります。
テレビでは上肢のケイセイ麻痺の患者さんに 注射をされて治療されていましたが
下肢のケイセイ麻痺で尖足で歩行できない 立位ができないという方でも有効な治療方法ですよね。

症状が固定されていて治療をあきらめていた方にとっては大変ありがたい治療方法ですね。
 
あと この神経毒の筋肉注射 ものすごく痛いです。



posted by OT−M at 11:55 | 脳梗塞 治療

鏡を使ったリハビリテーション

鏡を使ったリハビリテーションが実践されているようですね。

テレビで栗本教授が実践された方法ですよね。

栗本さんは、衆議院議員で多忙な毎日を送る一方、

接待などの食事や、不規則な生活が続いていたある日、

脳梗塞を起こしてしまいました。

左半身が、まったく麻痺し、特に左手がまったく機能しなく

なってしまったそうです。

そこで、1つの治療方法をあみだした

のだそうです。



麻痺側に鏡を置き 鏡に映った健常な手を見つめるようにする。

結局、患者の脳には目を通じて、

麻痺した方の自分の手がちゃんと動いているように見えるわけです。

それを脳が認識して麻痺の手が刺激され 麻痺側の運動を促す方法です。



鏡の使用は、運動前野領域と視覚による入力のあいだにある緊密な関係を取り戻し、

神経学的かつ心理学的レベルの多くの側面において、麻痺した手足の、

"学習された無使用" を元に戻すのに役立つ可能性があるのです。



posted by OT−M at 20:51 | 脳梗塞 治療

スマートフォンで脳卒中の治療支援を読んで

脳卒中も発症から いかに早く治療できるかで決まります。

起業も医療システムのためにいろいろ研究開発していっていますね。

脳卒中の医療システムが発達していくと助かる方も増えますね。

良いことですよね。


ヤフーニュースから 抜粋です。

富士フイルムは16日、脳卒中の治療を多機能携帯電話(スマートフォン)で補助する医療機関向けの支援システムを発売した。救急搬送された患者の検査画像などを、複数の専門医のスマートフォンに一斉送信できる。その場にいない医師とも連携し、より適切な診断と治療ができるようにする狙いだ。
 脳卒中は発症後、いかに素早く適切に処置できるかが、生死や回復度合いを大きく左右する。今回のシステムでは、患者の搬送時に専門医が不在でも、当直医が検査画像や手術の様子をスマートフォンに送信し、助言を求めることができる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110616-00000101-jij-bus_all
posted by OT−M at 23:57 | 脳梗塞 治療

脳梗塞の治療 デルタレゾナンス

今 脳梗塞の治療法で注目されている治療方法があります。

脳を、特殊なサウンド技術によって直接刺激して脳を治療する方法です。


あまり耳にされたことのない治療方法ですが

デルタレゾナンスという治療方法です。

どういうものか?


脳卒中(脳梗塞、脳出血)のリハビリを加速 デルタレゾナンスのページから

デルタレゾナンスの特長を引用してみますので参考に下さい。


https://sites.google.com/a/deltaresonance.jp/binaural-beat/Home

・病院やカウンセラーを訪れる前に、自らのストレスと向き合い対処することができます。

-->病気と診断され大量の薬物を処方される前に、ストレス耐性を強化しておくことは意味のあること、と思います。



・電車の中でも、トイレの中でも、料理中でも、布団の中でも、散歩をしながらでも、実践することができます。

-->是非、mp3プレーヤへコピーして、常に持ち歩いてください。


わけもなく気持ちが鬱いでしまったとき、仕事があるのに気分が乗らないとき、不安で眠れないときに聴いてください。

注意、リラックスし過ぎて眠ってしまうことがあります。自動車の運転など、大きな機器の操作中の利用は控えてください。



・経済的に優れています。

-->健康食品などと異なり、消費される部分がありません。一度購入すれば、何年間も利用し続けることができます。



・厳しい修行をすることなく、禅僧の瞑想の境地を体験することができます。

-->瞑想時に心の中で繰り返し唱えるマントラ(短い呪文のようなもの)に相当するものがバイノウラルビートサウンドです。

とても深い精神的安らぎを得ることができるようになります。



・生活の質(Quality Of Life)が向上します。

-->精神的基盤が安定することで、自然と日常生活に前向きに取り組むことができるようになり、充実感が得られます。



・集中力が増し、仕事がはかどります。

-->仕事や学習の効率を向上させることができます。

子供の語学習得スピードが速いのは、シータ波が多く発生しているから、という説があります。



・暇な時間の有効活用になります。

-->脳は刺激が多ければ多いほどその可塑性により 失った機能を補完するように働きます。

ステレオイヤフォンを耳に挿しているだけです。 居眠りしている時間を脳刺激に充てることができます。



・たった一人でも、永く続けることができます。

-->あなたの心の底を打ち明けることのできる、真に信頼できる人を見つけるのは容易なことではないかも知れません。

それとも最寄の心理カウンセラーを訪ねて、見ず知らずの人間に自分を預けますか?



・まだほとんどの人が体験したことのない最新の脳研究の成果を手に入れることができます。

posted by OT−M at 01:44 | 脳梗塞 治療

脳梗塞の障害を治す

脳梗塞の障害を治すことは容易ではありません。

リハビリや薬もそうですが完全に治る病気ではないのです。

脳梗塞を発症してからは

特に

急性期リハビリが特に重要視されてきています。

以前なら「発症直後の脳疾患患者はむやみに動かしてはいけない」



という暗黙の了解的なことが言われていました。しかし、発症直後で病状が不安定な時期であっても

麻痺になった側の手足を絶えず動かすことで、劇的な回復が見られる場合も出てきたからです。


急性期リハビリを実行していれば、寝たきりに伴う様々な症状(廃用症候群)を少しでも回避するこ

とができるのです。

また回復期リハビリは、発症して3ヵ月後になされるのが通例です。麻痺にとって90日という後退は致命的でもあると思います。急性期リハビリによって、リハビリ期間が長くなればなるほど後遺症は必ず少なくなります。

posted by OT−M at 11:29 | 脳梗塞 治療

脳梗塞 治す

脳梗塞は発症すると後遺症が残り治らないといわれている。

はたしてそうだろうか?

自分の気持ちで治る治らないはきまるのではないでしょうか?

病気に打ち勝つ または負けない 病気を治そうとする気持ちがあれば

治るものも治るのではないでしょうか?

頑張りましょう。
posted by OT−M at 13:18 | 脳梗塞 治療

脳梗塞 治療

脳梗塞 治療について

脳梗塞の治療はさまざまです。

脳梗塞の治療は、急性期では、動脈硬化や血栓(けっせん)により詰まってしまったことで止まっている血流を回復させることが中心となりますね。

脳梗塞の「急性期」とは、脳梗塞が発症してから 1〜2週間までのことを言い、その間に行う治療を急性期治療といいます。脳梗塞では、この急性期治療がとても重要です。

 また、脳梗塞が発症してから3時間〜6時間ぐらいまでは「超急性期」とも呼ばれます。

 血管が詰まってしまい血流が途絶えているということは、その血管から酸素や栄養を得ている脳細胞は壊死(えし)してしまいます。そして、血流が途絶えたままにしておくと、脳細胞の壊死はどんどんと広がってしまいます。

 死んだ脳細胞はまた生き返ることはないので、なるべく早く血流を回復して、壊死の広がりをおさえなければなりません。

 ただ、脳細胞は血流が途絶えるとすぐに死んでしまうわけではありません。血流が止まってからしばらくの間は、脳細胞の機能は止まっているが死んではいない状態になります。

 機能は停止しているが死んでいない脳細胞のことを「ペナンブラ」といいます。

 このペナンブラの状態の脳細胞をいかに救えるかが急性期脳梗塞の治療の大切なところです。なるべく早く適切な治療を行うことで、ペナンブラを多く助けることができ、後遺症を軽くすることができます。



 急性期脳梗塞の治療では、「薬物療法」が行われます
タグ:治療 脳梗塞
posted by OT−M at 14:38 | 脳梗塞 治療

脳梗塞 治療

脳梗塞 治療も最近は発展してきているようですね。

医学文献なんて見るとすごいです。

脳梗塞は 一度死んでしまった脳は、現代の医学では二度と生き返らせることはできないです。一度脳梗塞になってしまったら二度と「治る」事は無いということです。
なぜなら、脳は生きるために非常にたくさんの酸素とブドウ糖を取り入れていますので、脳への血液の流れが止まると脳細胞は数分で死んでしまい、現代の医療では一度死んでしまった脳細胞を再生させることができないからです。

脳梗塞になってしまった場合にできるのは、脳細胞の被害を最小限に抑えて、「いかに最小限の被害にとどめるか」ということが大事です。

実際に脳梗塞になったときに行う治療は、脳こうそく(脳梗塞)の種類や原因によって違ってきます

種類や原因をきちんと診断して、適切な治療を行うことが大切となりますね。



タグ:脳梗塞 治療
posted by OT−M at 21:39 | 脳梗塞 治療

リハビリ 文献

リハビリ 文献で脳梗塞のリハビリについて書かれていました。

リハビリは脳梗塞にとって大事な治療法ですが

脳梗塞のリハビリは 個人に合ったものでなくてはいけない。

なんでもかんでも同じようにはいかない。

また治療に対する考え方もである。

個人によって障害や症状も違う訳であるから

それに基づいた考え方もかわってくるはずですよね。



posted by OT−M at 19:01 | 脳梗塞 治療

脳梗塞 治療

脳梗塞 治療に関して いい薬や治療法というのがネットで公開されていますね。

いくら脳梗塞の治療でよい病院やいい薬があるといってそれをやっても高価があるのか

内のかわからない。

ただ治療というのは 自分の意思やスピリットだと思います。

いくらいい治療薬や治療法があるからと言って それに依存してしまうことは

良くないと思う。


しっかりリハビリをして自立していくことが治療の近道だと思います。


タグ:脳梗塞 治療
posted by OT−M at 22:59 | 脳梗塞 治療

脳梗塞 麻痺を治す方法

脳梗塞 麻痺を治す方法ですが7


まずは 治す意思ですね。


あきらめたらダメです。

脳梗塞の後遺症でまひが重度な方ならなおさらです。


治す方法は前にも書きましたがいろいろあるはずです。

がんばりましょう。

posted by OT−M at 20:50 | 脳梗塞 治療

リハビリスタッフがプラトーを宣告してきても無視しましょう

脳梗塞のリハビリは

自分はもう年だからとか、病気が重症だったからダメだろうと思っ

た瞬間で終わりです。


リハビリスタッフがプラトーを宣告してきても無視してリハビリを根気よく続けましょう。


私は現在 作業療法士をしていますが、患者さんや対象者の方を診ている

と、やはりよくなっている方は諦めてはいない。いつかは、よくなるんだと

いう貪欲な性格がいいと思う
posted by OT−M at 19:59 | 脳梗塞 治療

脳梗塞の治療

脳梗塞を起こした人の約15%は、入院中に死亡しています。昔は、大概の場合は、後遺症に悩まされていたが・・・脳梗塞を起こした人の約10%が治療にて正常機能をほぼ完全に取り戻しているらしいです。

脳梗塞後の最初の数日間は、病状が改善するか悪化するか医師にもわからないそうです。また、あとの25%は治療にて機能の大部分を取り戻しているそうです。

中には脳梗塞になってしまったショックで肉体的にも精神的にも打ちのめされて、動くことも、しゃべることも、食べることも正常に行えなくなる人もいるそうです。死亡率は高齢者の方がより高いそうです。

脳梗塞の最新医療技術が進歩したので、治療を施されて後遺症が残らず完全に治ることも可能になってきている。しかし約40%の人は、特別の介護が必要な中等度から重度の障害が残り、残りのうち約10%の人が特別養護老人ホームなどの長期療養施設での介護が必要となりのが多いです。
タグ:脳梗塞 治療
posted by OT−M at 21:13 | 脳梗塞 治療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。