スポンサード リンク

脳梗塞 看護 ポイント

脳梗塞 看護で是非おさえておきたい ポイントがあります。

脳梗塞は「再発しやすい病気」です。一度発症された方は再発しやすいので 看護に関しては再発させないようにケアしていくことが大事です。
脳梗塞を発症したという事実は、その人の脳血管が詰まりやすい傾向にあることを示すだけでなく、脳の別の部分が同様の症状にみまわれる可能性をも示唆しています。


一般に、最初の発症と同じ種類の脳梗塞を再発する可能性が高く、特に発症してからの一年間がもっとも再発しやすいと言われ、特段の注意が必要な時期とされています。


あっと脳梗塞の看護ケアのポイントは脳梗塞の後遺症です。


後遺症は、その程度に差があるものの脳梗塞ではほぼ必ず見られる症状であり、また体の片側・半分だけに出ることが多い点が、ひとつの特徴になっています。


もっともよく見られる脳梗塞の後遺症は、体の片半分にあらわれる「運動麻痺」やしびれなどの「感覚障害」、そして言葉が出てこない・ろれつが回らないといった「言語障害(構音障害や失語症など)」です。

これらはどのタイプの脳梗塞においても程度の差こそあれ、ほぼ共通して観察される症状です。


その他にも、意識障害や視覚障害、あるいはめまいや体のふらつきといった症状がみられることもありますが、実はこれらは必ずしも脳梗塞に起因する症状とは限りません(だからといって放置して良いはずもなく、できるだけ早期に専門医の診察を仰ぎ、病状を特定して適切な治療を受けることが必要です)。


脳梗塞の発症後には、とくに治療を受けずとも症状がほぼ自然に無くなってしまう(TIA、一過性脳虚血発作)患者が、全体の2割程度いるとされます。

脳梗塞に襲われた直後は、本人の意識も比較的はっきりしており、受け答えなどがちゃんとできているケースも多いため、そのまま放置されてしまうことも、現実には珍しくありません。


しかしここで間違えてならないのは、症状の消失が脳梗塞からの回復をなんら意味しないことです。

むしろその段階で、一部の死滅した脳の神経細胞(梗塞)が周囲の生きた神経細胞を取り込むかのように、時間が経つにつれて広がっていく可能性が高いのです。


したがって、脳梗塞の発症が疑われるときは「とりあえず様子をみる」といった対応は厳禁です。

症状のいかんを問わずただちに救急車を呼んで、専門病院で診察・治療を受ける必要があります。



脳梗塞のケアとして一番重要になってくるポイントは リハビリテーションです。


リハビリテーションは 脳梗塞の後遺症の改善 治療を担う手段です。

脳梗塞のリハビリの主な目的は、「脳梗塞の再発防止」および「日常生活における機能障害や能力低下からの回復を目指して、生活の質の向上と維持をはかる」ことにあります。





脳梗塞の再発防止のためには、脳に血栓ができるのを防ぐ投薬治療や、動脈硬化・高血圧・糖尿病などのいわゆる生活習慣病の危険因子を遠ざけるための、生活習慣の確立の指導も治療の必要なポイントとなってくるものでしょう。

posted by OT−M at 23:19 | 脳梗塞 看護

脳梗塞 看護

脳梗塞の治療では リハビリも重要であるが 

看護も重要な部分を占める。


看護部門での

脳梗塞における症状の観察では、

1、脳梗塞の種類

2、詰まった血管の部位

3、発症からの経過時間

4、1から3を踏まえて、症状がどのように変化すると予想されるか

を把握していることが大切だということです。
(発生機序等は省略。)

看護も治療を担う上でかなり重要なのです。




タグ:脳梗塞 看護
posted by OT−M at 22:54 | 脳梗塞 看護
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。