スポンサード リンク

脳梗塞 前兆症状

脳梗塞になる3人のうち1人は、前兆症状
を経験しているらしいです。

脳梗塞の前兆を見逃さなければ脳梗塞に対して過度な恐れを抱く必要もないのです。

脳梗塞は突然が多く命にかかわらなくても、

後遺症が残ってしまうケースも多くあります。


そうならないために、脳梗塞について、

正しい知識を身に付けるようにして、


いざという時に適切な対応を取れることができるように


学んでおかなければなりません。


前兆症状にはどのようなものがあるんでしょう?

症状を経験したかたから体験した症状についておしえていただきました。

片側の手足にしびれを感じる。
手の力が急に抜けてしまう。
ろれつが回らなくなる。
めまいを感じて真っ直ぐに歩くことが困難になる。
人の話していることを正しく理解することができない。
文字が思い通りに書けない。
一時的に物が見えにくくなる。物が二重に見える。

の症状が出た場合は症状を疑ってください。

すぐ受診しましょう。

posted by OT−M at 21:03 | 脳梗塞 前兆

脳梗塞 夏場 前兆 発症

脳梗塞は夏場に発症しやすいです。

夏場になぜ発症しやすいのか?


3つのパターンを挙げてみました。


1 暑くて身体から多くの発汗
      ↓
 血液の水分量が減り全身の血液が ネバネバにドロドロに
      ↓
 全身や脳の血液が流れにくくなる
      ↓
 血流が乏しいところや末梢血管で詰まる


 

2 暑くて身体体温が上昇
      ↓
 熱を放散するように末梢血管が拡張していく
      ↓
 脳や心臓への血液供給が相対的に低下(一過性の虚血状態)
      ↓
 血圧が低下しやすい状態になり血液が流れにくくなる
      ↓
 全身の血液速度が遅くなり血栓を作りやすい状態になり詰まる


 

3 汗で津液と同時に『気(エネルギー)』を消耗していく
      ↓
 心臓の働きや水分の代謝機能が低下する
      ↓
 血液がネバネバ ドロドロになり流れが遅くなる
      ↓
 血流が乏しいところや末梢血管で詰まる
    



これらの発症を予防するためには 水分補給です。


こまめに水分を摂取しましょう。

posted by OT−M at 20:05 | 脳梗塞 前兆

脳梗塞の前兆に注意

脳梗塞の前兆に注意しましょう。

脳梗塞は夏と冬に多いようです。

なぜか

これは気温に起因するようです。


夏、冬共に適切な室温で過すようにする。夏は水分が不足しないように、

こまめに水分を補給する。

また、冬は寒冷刺激を避けるように暖かい服装で外出する。などの注意が必要です。


そして何よりも この時期には前兆に注意しましょう

タグ:脳梗塞 前兆
posted by OT−M at 16:28 | 脳梗塞 前兆

脳梗塞 前兆

脳梗塞の前兆は急にみられることがあります。

よく注意しておいた方がいいですよ。しかし定型的に 肥満症の人や、段から糖尿病を患っている人、血圧が高めの人は注意が必要です。

心筋梗塞の前兆は、心臓のあたりがキューと閉まる感じがして、痛みを伴います。

その心臓の痛みの症状は狭心症と呼ばれますが、この狭心症の後に心筋梗塞になるケースが50パーセント以上と言われています。一度の発作ではなく、数か月も続くようであれば前兆と言えると思います。発作を起こした場合は、およそ5人に1人が死亡しているという、致死率が高いものです。心筋梗塞は、心臓に痛みをともない、それが数十分続きます。その後は汗をかいたり呼吸ができなくなります。その際には


意識の障害もおこります。痛みが起こらない心筋梗塞もあり、気づいた時には非常に重症になっている可能性があります。(無痛性心筋梗塞)これは全体の心筋梗塞のおよそ20パーセントと言われています。もし自分がそのような症状になれば、発作を起こしてからでは助けを呼ぶことができません。おかしいな、と思ったら、近くに人がいる状況を作ることが肝心です。

posted by OT−M at 12:14 | 脳梗塞 前兆

脳梗塞の前兆

「一過性脳虚血性発作(TIA)」は、時間にして数分から数十分程度であり、一日もたつと症状が治まってしまうことからそのまま病院に行かない人も多く、これが事態を悪化させている現状があります。脳血管障害(疾患)の場合、一般に時間がたてばたつほど障害が広がり、後遺症も重くなるという特徴があります。たとえば、手足の動きに関する部分であれば、手足がしびれたり、麻痺して歩行が困難になったりしますし、言語に関する部分であれば、ろれつが回らなくなったり言語障害が起きたりします。この「一過性脳虚血性発作(TIA)」が脳梗塞の前触れとして起きる確率は全体のおよそ3割以下といわれており、外部から脳梗塞のサインをはっきりと認識できるケースが、意外にも少ないのが現実です。上記のような症状がみられた場合には、脳梗塞を疑い、一刻も早く脳神経外科を訪れて検査を受ける必要があります。

顔半分に麻痺が残ったり、突然一時的に片目が見えなくなる「一過性黒内障」と呼ばれる症状におちいる場合もあります。脳血管障害(疾患)全般にそうですが、脳梗塞においても突然発症し、数分から数時間で急速に症状が進みます。これらは「一過性脳虚血性発作(TIA)」と呼ばれており、小さな血栓が一時的に血管を詰まらせることで起きる症状です。すなわち、「脳梗塞は、前触れなく突然起きるのがむしろ普通」であることは、知っておく必要があります。

いったんは良くなったように見えてもこのような前触れ症状があった場合、その後さらに大きな発作が続くケースが大半だからです。脳梗塞の具体的な症状は、脳細胞のどの部分が壊死したかによっても異なります。このような症状がみられる段階ではまだ脳梗塞の前段階となる脳虚血の状態であることが多いため、検査でふさがった血管を見つけて血栓を取り除き、血流を再開させることができるなら、脳の活動を再開させ後遺症も最小限に抑えることができるからです。逆から言えば、危険信号をキャッチして早期治療に至るかどうかがその後の病状を大きく左右することになるため、自己判断をすることなく必ず病院に行き、CTやMRI・MRAによる脳の画像診断・検査を行うべきです。

高齢者の脳梗塞が寝たきりにつながった場合は、介護の直接の原因ともなります。しかし脳梗塞となってしまった部分については、すでに脳細胞が死んでいるために再び回復させることは困難です。脳梗塞の前兆として、患者2〜3人に一人の割合で、「手足に力が入らない」「重いめまいがする」「いつもはない激しい頭痛がする」「ろれつが回らない、言葉が一瞬でてこなくなる」「ものが二重にみえる」などの症状があらわれます。血管が詰まったところの脳が機能的に壊死(えし)しますが、その後は病状が安定しそれ以上拡がるといったことはほとんどありません。

タグ:脳梗塞 前兆
posted by OT−M at 17:23 | 脳梗塞 前兆

脳梗塞 前兆

脳梗塞の前兆は見逃さないようにしないといけません。



脳梗塞の前兆を見逃して、治療が遅れると症状が重度化してしまう可能

性もあるので、脳梗塞の前兆症状はしっかち頭の隅にでもどんな症状が

でるのか大まかにでも覚えておきましょう。


脳梗塞の前兆は


運動障害―体の片側だけが動かない、力が入らない
感覚障害―体の片側だけがしびれる、感覚が鈍い
講音障害―ろれつが回らない
失語症― 言葉が出てこない、人の言うことが理解できない
視覚障害―片側の目が急に見えなくなる、視野の片側が欠ける、ものが二重に見える
意識障害―意識がもうろうとする
半側空間無視―左右どちらかにある物が見えているのに認識できない
眩暈―ぐるぐる回るようなめまい
失調―立てない、ふらふらして上手く歩けない
失行―日用品などの使い方がわからない 

のような症状には気を付けてください。

posted by OT−M at 17:02 | 脳梗塞 前兆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。