スポンサード リンク

軽い脳梗塞の症状と前兆を検査する方法

軽い脳梗塞の症状が出る場合があります。

軽いとはいえ  ほっといたら治るでしょうと軽く考えないでください。

脳梗塞の前兆として以下の症状が出た場合は軽い脳梗塞を引き起こしている場合があるので

受診されることをおすすめします。


手足がしびれる 思い通りに動かない

呂律が回ららない。


言いたい言葉がでてこない


めまい 頭痛



脳梗塞になって死亡する確率は15〜20%です


軽い脳梗塞の症状でもそれが重篤化する場合が大半なのです。

後遺症にならずに回復するのは全体の約2割で、
脳梗塞の発症から3時間以内に適切な治療を行った場合か、
早期発見されて点滴治療を行った場合で回復された例が多いようです。

早めの対応がカギですので気をつけておきましょう。

脳梗塞が発症していないか どうかを素人でも簡単にチェックできる

FAST」検査というものがあります。

Face  顔の麻痺  
顔の片方だけがゆがんでいないかをみる


Arm 腕の麻痺  
両手を挙げたままにしていられるか 10秒腕を前にならいの姿勢ができるか。 
腕が徐々に下に落ちていってないか。


Speech ろれつが回らない  
ラリルレロ、パピプペポ シャシュショ パカタパカタと言えるか


Time 発症時刻をメモしておきましょう。  
症状が現れた時刻を確認してください。





自己判断ではなく、家族や周囲の人が客観的に判断してもらった時に、
これらができていないと言われた場合は、
早めにお医者さんに行くかMRIなどの検査を受けていただきたいです。

軽い脳梗塞の症状 脳梗塞の前兆だと思われる症状は

一時的に症状が現れ、消えてしまうのです。

しばらくしてしまうと消えてしまうことが多いです。


これを治ったと思い込んで 受診をしないのはよくありません。

これは一時的に血管が詰まって血液の流れが止まり症状が現れているのです。

脳梗塞が起こりやすい状況にあり、

「もうすぐ血管が詰まるよ!」という警告なのです。

これらの症状を一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、TIA)

というのですが、 前兆が出た後、90日後には20〜30%の人が脳梗塞に至り、

その内の半数が48時間以内に発症します。

重度な脳梗塞を発症して手遅れになる前に、受診しましょう。


タグ:軽い 脳梗塞
posted by OT−M at 11:49 | 軽い脳梗塞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。