スポンサード リンク

隠れ脳梗塞の治療と予防

隠れ脳梗塞についてです。
隠れ脳梗塞は身体の麻痺などの自覚症状も特になく、医療期間で画像診断したときに脳梗塞が見つかるというものです。

自覚症状はとくにみられないが、ある日から 急に何をするにも億劫になった。やる気がない。意欲がでない。身体がなんとなくしんどいなどの症状がでるようです。

自覚症状があらわれないので隠れ脳梗塞というみたいなのですが、だれでもこの隠れ脳梗塞があるわけではないようです。

隠れ脳梗塞のある方というのは圧倒的に高血圧症状がある方と高齢者の方だそうです。

隠れ脳梗塞の予防はやはり生活習慣病の予防と同じ 適度な運動 規則正しい生活リズム 食事に気を使う事が予防方法だと考えられます。

隠れ脳梗塞の治療は難しく、やはり隠れ脳梗塞とはいえ血管が詰まって梗塞を起こしてしまっている状態の病巣が存在しているわけで、その梗塞部位を完全に治療してというわけにはいかないと思います。

隠れ脳梗塞自体は前述で記載したとおり高齢になるほどその発症可能率があがるわけですが、

若い20歳台でも隠れ脳梗塞の発症する可能性もあるので若い方も注意したほうがいいと思います。

特に若い方ですでに生活習慣病を患っている人は高齢者と同じくらいの発症可能率がありますので気をつけたほうがいいですね。

後で隠れ脳梗塞が見つかっても 梗塞部位を治すことはできないですから 後悔するよりも まずは 予防からしっかりしていったほうがいいですね。
posted by OT−M at 16:22 | 隠れ脳梗塞

隠れ脳梗塞

なんらかの原因で脳の血管が詰まった脳梗塞があると、

脳が酸欠状態になってさまざまな症状が現れます。

脳に酸素が送れないと その先の神経細胞が死んでしまい機能しなくなります。

この状態を脳卒中といいます。

ところが普段、症状を自覚したことがないのに、

たまたま受けた検査で小さな脳梗塞が見つかることがあります。

このような自覚症状が現れない脳梗塞もあるのです。

たとえば脳梗塞になると 手足の運動麻痺  痺れ  などの症状が現れますが

自覚症状がない脳梗塞があります。


このようなケースを無症候性脳梗塞、俗に、隠れ脳梗塞と診断されます。

隠れ脳梗塞の大半は大脳の深部にある細かい動脈が詰まるタイプの脳梗塞で、ラクナ梗塞といいます。

どこの血管が詰まるかによって症状は異なりますが、歩きにくいからだが左右どちらかの一方に偏ってしまう、物を上手くつかめない、字が書き肉、しゃべりにくいなどといった症状が現れることが多いようです。

しかし、ラクナ梗塞がある人の中には、このような症状が明確に現れず、気づかないまま過ごしている人もいます。
タグ:隠れ 脳梗塞
posted by OT−M at 23:18 | 隠れ脳梗塞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。