スポンサード リンク

脳梗塞で寝たきりにならないように予防する

高齢になるほど脳梗塞への発症率は高くなります。

また脳梗塞の後遺症も重度になりやすく、また回復もしにくい状態になりやすいです。

脳梗塞になり麻痺などの障害が原因で身体を動かさないと 筋力の衰えや関節が固くなってしまう廃用性症候群とよばれる状態に陥ってしまいます。

これは脳梗塞が直接的な原因でおこっているのではなく、脳梗塞で身体が動かなくなってしまったために活動性が低下してしまった結果であります。



posted by OT−M at 12:22 | 寝たきり

寝たきりの方のリハビリポイント

寝たきりの方のリハビリポイントです。
寝たきりの方ではどのようにリハビリしていくのか? 
寝たきりだからしなくくていいわけないです。

筋肉も弱まり 硬くなっていく 関節もかたくなって動かなくなっていくわけですから
リハビリは必要です。 寝たきりの方のリハビリで注意しなければいけないことは 廃用性症候群です。
関節拘縮や筋力低下です。 これらの症状に陥ると 改善することはまずありません。
寝たきりの方の骨や関節ももろく かたくなっていることが多いです。なのでリハビリで身体を動かすときに
かたくなっているからとはいえ 無理やりに動かそうとすると骨が折れたり 筋肉やじん帯が切れたりもしますので 寝たきりの方のリハビリというのhさゆっくりと関節を手でしっかり保護して動かすというのが基本です。
リハビリで動かすことで身体を良くしようと思って一生懸命力を入れて 寝たきりの方のリハビリをすることに注意することです。さらに悪くしてしまいます。
筋肉や関節を動かすのはゆっくり 痛みを起こさずに 動かします。






posted by OT−M at 17:25 | 寝たきり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。