スポンサード リンク

脳梗塞の発症と認知症の関係

脳梗塞になると認知症になりやすい。
これには理由がある。
そして脳梗塞の方でも認知症にならないように簡単に予防できるのである。
脳梗塞になると認知症になりやすいと言われるのは、なぜか。
実際には脳梗塞そのものが直接的な原因ではないのです。脳の損傷が原因ではないのです。どういうことか?
脳梗塞が認知症になる原因なら 脳梗塞になった人皆が認知症にかかる心配をしないといけない。

脳梗塞で脳に問題があるから脳梗塞になるのではないのです。

脳梗塞で四肢や体幹の運動麻痺や感覚麻痺がおきて 活動性の低下から 認知症になりやすくなるのではないかと思います。

人間 身体を動かさないと認知症になりやすいという研究結果があります。これは脳梗塞に限ったことではなく健常な人でも脳梗塞になりやすいといいます。

身体を動かさないとどうなるか。 脳は活性化されません。さらに身体が動かないことで、低刺激環境に陥るためさらに認知症になりやすくなるのです。脳梗塞で認知症になりやすくなるのはそのような過程があるからです。
脳梗塞になると認知症になりやすくなるのは脳梗塞になり身体の麻痺などの障害が原因になり それによって活動性が低下して 認知症を引き起こすということです。

例えば 脳梗塞に限らずどのような疾患、障害の人でも、身体を悪くして 寝たきりになってしまうと認知症になりやすくなってしまいます。

どのような場合、どのような疾患 障害においても 日常生活上において活動性が低下したり 低刺激な環境に陥ると認知症を引き起こすらしいです。

認知症を予防するためには やはり運動による活動性の向上や脳に刺激を与えることでしょうか。

脳に刺激を与えるとはどういうことか?

今流行りの脳トレとかがいいのではないかと思います。また普段からいろいろなものを見たり聞いたり考えたりすることが脳に刺激を与えることだと思います。





posted by OT−M at 15:04 | 脳梗塞 後遺症 認知症

脳梗塞 後遺症 痺れを治す

脳梗塞の後遺症において痛みやしびれが個人個人のの症状や

年齢的なものから出現することがあります。

麻痺のある手足の筋肉痛、骨や関節の痛みとして、

拘縮に伴う痛み、肩手症候群、肩関節周囲炎などがあります。

肩手症候群、肩関節周囲炎は特徴的な症状を示しますので 病院に行って専門的診断を受ければすぐ

にわかりますし 治療の手段も具体的です。


拘縮に伴う痛みは、関節を動かそうとすると痛みが強くなるのが特徴です。

肩手症候群とは、かなり強い麻痺のある側の肩と手の強い痛みをきたす状態で、

手の甲は腫れ、熱をもっています。

交感神経系の異常によって生じるらしいことがわかっており、

抗炎症薬を含む軟膏を塗ったり、副腎皮質ステロイド薬を短期間内服することで良くなります。

麻痺のある側に肩関節周囲炎(五十肩)を起こして痛むこともあります。以上は麻痺のある側の痛みですが、

麻痺がない側の手足が過剰に使用されて痛むこともあります。何れも整形外科、


リハビリテーション科などで適切な処置をしてもらえます。


 末梢性の痛みに比べて頻度は低いのですが、より苦痛を伴い、

難治性で厄介なのが中枢性の痛みです。脳卒中の病変が直接の原因となって痛みをきたすもので、

視床出血や視床梗塞による視床痛のほかに、

大脳の出血や梗塞による中枢性疼痛、脳幹病変による中枢性疼痛なども知られています。

 痛みを感じとるセンサーは体中至る所に張り巡らされています。

その信号は末梢の感覚神経のケーブルを通り、

脊髄を経由して脳の視床というところで情報処理され、最後に大脳皮質の感覚中枢で痛みとして感じ

られると考えられています。

普通の痛み、すなわち末梢性の痛みは痛みセンサーの刺激で生じますが、

中枢性の痛みの場合は、手足の末梢には痛み刺激が加わらないのに、

視床や大脳の感覚神経の情報処理の異常のために、いわば「脳の中で」痛みを感じてしまうわけです。

したがって、痛みが強くても、脳卒中の再発を心配する必要はありません。

  痛みは、脳卒中の発症直後から起こることもありますが、

多くは何ヶ月かしてから始まります。半身、

特に手足のうずくような耐え難い痛みで、後で述べるしびれを伴うこともしばしばあります。


気分、天候(曇天、降雨の前にひどくなる)、気温(寒冷で悪化)の影響を受けやすく、刺激でひどくなるのを防ぐため、

手袋や靴下を常時使用している方をよくみます。


普通の痛み止めの薬は無効です。抗うつ薬、抗けいれん薬などの中に有効なものがあり、


試行錯誤的に色々使ってみます。大抵の場合、半分くらいの程度にまで改善します。

posted by OT−M at 20:29 | 脳梗塞 後遺症 認知症
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。