スポンサード リンク

脳梗塞の後遺症のリハビリ

脳梗塞の後遺症が残り、リハビリをしてもあまり良くならないという 症状固定期 維持期という時期がくる。
維持期にはリハビリをしても 良くならない。 症状が固定してしまうので回復はせず後遺症だけが残り 日常生活に支障をきたします
後遺症によっては日常生活でなんでもないような動作が、遂行するのが難しくなる場合もある。

症状が固定してしまい後遺症が残るといくらリハビリをしても回復しない。

症状が固定してしまってもリハビリはうけれるのですが、 回復期や急性期に受けていた重点的なリハビリを受けることは出来なくなります。

しかし、症状が固定してしまってどうせ維持するだけのリハビリしか受けれないなら、してもしなくてもおなじだからリハビリはしないということはやめたほうがいいとおもいます。

posted by OT−M at 09:45 | 脳梗塞 後遺症 痺れ

脳梗塞の後遺症 痺れを治すのは

脳梗塞による神経の障害による手足の痺れ・痛みというのはなかなか完治させるというのは難しいようです。

有効な治療法、手段が少ないというのです.

薬に関しては抗痙攣薬等が効果があるとされていますが,副作用として催眠作用や肝機能障害があります.

よく効く薬にもメリットもあれば 副作用というデメリットはあると思います。

神経系の痺れの改善は薬で改善するのかもしれません。

基本 脳梗塞の麻痺側の手足というのは動きが悪いはずです。 動きが悪くて末梢血管の血行不良による痺れ

という確立が多いはずです。

もし痺れ部分の運動をして痺れが軽減されるのであれば 血行不良が原因であると考えられるので少しでもい

いので運動していくことをおすすめします。

また血行不良は 温めることでも改善しますので お風呂や湿布なんかもいいかと思います。





posted by OT−M at 12:40 | 脳梗塞 後遺症 痺れ

脳梗塞の後遺症 回復

脳梗塞を患って 重度の麻痺が出てリハビリを開始して

治るかどうかをリハビリの理学療法士の先生に聞いた

はっきりと 「治らない」といわれた。


なんのためのリハビリ?

そもそも理学療法士はリハビリの先生ではないの?


確かに後遺症が重くのこって治らないかもしれない でも冒頭から 

「治らない」といわれたらリハビリする気持ちなくなるよね。


PT OTが確かに「治らない」というのはどこの病院や施設でも同じように言われるが


いい方をもう少しかんがえたほうがいいと思う。


このような発言は特に未熟な 横柄なセラピストに多いですので

気をつけていただきたい。


未熟なセラピストは 腕も未熟ですし知識もない。

ましてや心もない 患者を物のように扱っているセラピストも現場に多いのも事実


大体

今からリハビリをして身体を治して行こうしている未来への希望を断ち切っているようなものです。



未熟なPT、OTが現場に多くいるのは事実です。


しっかりと見極めていく必要があります。

もし本人が見極めできないようなら 家族がしっかりと見極めることが重要です。

posted by OT−M at 11:33 | 脳梗塞 後遺症 痺れ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。