スポンサード リンク

脳梗塞のリハビリテーションについて

脳梗塞の治療医学も最近はかなりすすんできました。
ひと昔前ではそんなこと不可能でしょう?というようなことも最近では普通にできるようになってきました。
脳の詰まったところを溶解液で溶かして 脳梗塞を起こした部分を完全になおしてしまうとか  MRIで小さな脳梗塞 またが昔引き起こしていた脳梗塞のあとを見るとかもできるようになっています。
学術論文などを見ると 専門用語がでていてわからないですが  ネットでお医者さんなどがわかりやすく解説しているものもありますから そういうのをみて 理解できるとありがたいですよね。
一時期は脳梗塞の治療方法というとリハビリテーションが重要でしたが 最近は少しちがってきているようです。

脳梗塞は、片方の手足など体の半身に麻痺が起こったり、ろれつがまわらないというような言語障害が起こります。
麻痺は完全に麻痺する完全麻痺と少しなら動かせる 不完全麻痺に分けられます。

これら脳梗塞の症状はさまざまです。 また個人によってもその症状のでかたはかわります。
脳梗塞のリハビリでは主にこの手足の麻痺や言語の障害を治すように治療していきます。
今まで普通にできていた日常生活での行動も、脳梗塞の後遺症により、今までのようにはスムーズにできにくくなってしまいます。脳梗塞の後遺症を改善するためにも、リハビリテーションはとても重要になるといえるでしょう。
posted by OT−M at 23:46 | 脳梗塞 リハビリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。