スポンサード リンク

脳梗塞の予防はストレス解消から

脳梗塞の予防には まず高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防に努めなければならない。

高血圧や糖尿病の発症の原因はいろいろあるが、その原因の中でも一番厄介なのは、ストレスです。

日々の精神的ストレスや身体的ストレスが動脈硬化や血糖値やコレステロールの上昇を引き起こすという研究発表もあります。ストレスというのは厄介で様々な病気を引き起こす。

ストレスも様々な種類あります。
対人関係や仕事における社会的ストレスや経済的ストレス。身体的な障害や病気によって引き起こされるストレス。
どのようなストレスも精神的、身体的に与える影響は大なり小なりある。

ストレスの研究家はストレスは 解消方法が重要だということを言っています。
精神的ストレス、身体的ストレスもストレスというのは 自覚しにくいもので、ストレスだと感じても我慢したり押さえ込もうとしてしまいます。そのためストレスがどんどん蓄積されていくという結果になってしまいます。

ストレスは他の病気や障害に比べると軽視されやすい。軽視されやすいがストレスが要因になる病気というのは厄介だそうです。ストレスは無意識に蓄積されていくため、ストレスに侵されている程度も自覚しにくいものです。


ストレスを予防することはなかなか難しいと思います。
精神的、身体的ストレスを回避したいので、ストレスになる仕事を急に辞めたり、対人関係がストレスになるから、他人との付き合いを急に辞めるというのは無理です。

仕事をセーブしたり対人関係を制限していくということならできそうです。徐々にストレスを軽減することならできるかもしれません。
ストレスをセーブするのはなかなか難しいので、ストレスを解消するというほうがいいかもしれません。

休みの日には自分のすきなことを思う存分楽しんで嫌なことを忘れるのもいいですし、有給休暇などを利用して 仕事を意図的に休むなどもいいかもしれません。

脳梗塞の原因に、ストレスがありますが、日々のストレスを軽減、解消することで予防につながるわけです


posted by OT−M at 10:47 | 脳梗塞 予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。