スポンサード リンク

脳梗塞の予防は簡単にできる効果的な高血圧の予防から

脳梗塞の発症の原因に高血圧症があります。

脳梗塞の予防のためには高血圧を予防もしくは改善する必要がありますが、

高血圧というのはなかなか改善しないのです。

薬を使うと一時的に改善はするが、根本的な改善には至りません。ではどうすればいいのか?

やはり、適度な運動とバランスの良い食事摂取が必要なのだが、なかなかそれも難しいです。

最近は 手や指先の抹消部分をマッサージして高血圧を改善するという研究結果が発表されています。
また、人気テレビ番組、金スマでも袋はぎ健康法というのが紹介されていました。

袋はぎをマッサージすると血流がよくなり高血圧が改善するという方法でした。
袋はぎは第二の心臓とも呼ばれ、血流を良くするための血管弁があるそうです。
高血圧の改善を簡単にする方法とは、袋はぎだけを主に鍛えたり、刺激することです。

高血圧の改善に薬を飲んだり、運動したり、食事の改善をしたり、いろいろするのは大変です。

高血圧の改善をする方法を一つの方法に絞りしかも簡単にできる方法に限定して改善していく方法がよくないでしょうか?

袋はぎだけを鍛えたり刺激する方法だけなら、簡単ですし、継続してできるのではないでしょうか。

袋はぎを鍛える方法ですが、これもいろいろありますが、ウォーキングやランニングなど で鍛えるのは効果的だと思いますが、なかなかウォーキングやランニングも継続してやりつづけるのも大変だと思います。
金スマでもしていたように袋はぎをマッサージする方法や手、指先をマッサージも簡単で効果的だと思います。

しかし、袋はぎを簡単にしかもほとんどストレスのない方法で鍛えることができる方法があります。

その方法とは


つま先立ち、つま先歩きです。


日常生活で皆さんは移動したり、立ったり座ったりする動作は必ず行うはずです。普通に歩いている時に意識してつま先歩きをしたりつま先立ちをすればいいわけです。それだけで 袋はぎに力が入り、袋はぎの筋肉は収縮したり、刺激されたりして 血管の弁が最大限に機能するでしょう。

多分、ずっとつま先立ちやつま先歩きはしんどいはずですから、たまにでいいのではないかと思います。つま先歩きやつま先立ちの頻度が高くなるにつれて袋はぎも鍛えられますから高血圧も改善していくのではないでしょうか。

つま先立ちやつま先歩きは日常生活でストレスなく簡単にできる方法です。高血圧が重度の方は、つま先歩き、つま先立ちに加えて、普段、手、指の簡単なマッサージもおこなってみたらいかがでしょうか。手、指のマッサージは片手づつ簡単にできますので加えておこなってみるのもいいですね。マッサージの方法は、特にこういう方法がいいという方法はありません。普通に手のひらや指先を揉んだり、圧迫したりする方法でかまわないとおもいます。
posted by OT−M at 10:13 | 脳梗塞 予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。