スポンサード リンク

脳梗塞の後遺症のリハビリ

脳梗塞の後遺症が残り、リハビリをしてもあまり良くならないという 症状固定期 維持期という時期がくる。
維持期にはリハビリをしても 良くならない。 症状が固定してしまうので回復はせず後遺症だけが残り 日常生活に支障をきたします
後遺症によっては日常生活でなんでもないような動作が、遂行するのが難しくなる場合もある。

症状が固定してしまい後遺症が残るといくらリハビリをしても回復しない。

症状が固定してしまってもリハビリはうけれるのですが、 回復期や急性期に受けていた重点的なリハビリを受けることは出来なくなります。

しかし、症状が固定してしまってどうせ維持するだけのリハビリしか受けれないなら、してもしなくてもおなじだからリハビリはしないということはやめたほうがいいとおもいます。

posted by OT−M at 09:45 | 脳梗塞 後遺症 痺れ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。