スポンサード リンク

脳梗塞の予防 水分摂取の量について

脳梗塞の予防に関して 水分摂取が効果的だと言いますが、一体1日に 具体的にどれくらいの水分摂取をすればいいのかを知りたい人がおおいのではないかと思います。またなぜ水分摂取がいいのか。水分摂取でどれくらいの予防率があるのかを自分の見解で述べたいと思います。

脳梗塞を水分摂取で予防ができるかということですが結論は、水分摂取をすることで血液がドロドロになるのを防げると言うことです。これはみなさんも聞いたことがあるのではないかと思います。

ただ血液がドロドロになりやすいのはお年をめされた老人の方におおいようです。それに老人の場合 脱水症状を起こしやすいというのも 一因としてあるようで、水分摂取を予防として勧められるそうです。

次に1日にどれくらいの水分摂取をすればいいのかですが、1日に2リットルがいいらしいです。
1日に2リットルというと結構な量です。
お茶やコーヒーやジュースではなくなるべく水で摂取するのがいいらしいです。
お茶やジュースなどでの水分摂取でもいいのですが、なるべくなら水で摂取するのも理由があります。

お茶やコーヒーはオシッコとして排泄されやすいらしいのです。なので摂取してもすぐに排泄されるから プラスマイナスゼロになるわけです。

水を大量に飲み続ける しかも1日に2リットルはきついと言われる方は、1日に1リットルでもいいそうです。2リットルにこだわらなくていいそうです。

お腹を壊しやすい人などは大量に毎日水を摂取することは難しいはずです。

水を飲みことで更には便通が良くなるそうです。便秘という状態はすごく体に悪い状態らしいのです。便秘になると精神的ストレスや悪玉コレステロールが体に溜まりやすいのです。その精神的ストレスや悪玉コレステロールというのは脳梗塞の原因になるものですから 便秘になる状態というのは避けた方がいいわけです。

水分を多くとるとお通じも良くなります。

またこれもお茶やコーヒーではなく水を飲むことで効果があります。お茶やコーヒーは便秘を解消するどころか逆に便秘になるそうです。お茶やコーヒーはオシッコとして排泄されるので便通がよくならないみたいです。

水分摂取のスタイルも個人の体調や体質によって変わりますので自分にあった水分摂取を心がけてみてはどうでしょうか。
posted by OT−M at 12:23 | 脳梗塞 予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。