スポンサード リンク

脳梗塞の後遺症を完全に回復させる方法について



脳梗塞を発症して、重い後遺症が残ってしまった。
日常生活をおくるのも、仕事をするのも非常にしんどい。つらい。


このまま一生涯ずっと後遺症に苦しめられながら、しんどいリハビリを続けなければならないの?

こんなのはまっぴらですよね。


脳梗塞の後遺症を完全に回復させたいと願っている方も多いのではないかと思います。

脳梗塞の後遺症を完全に回復させることはできるのか

そもそも脳梗塞は完全に回復させることはできるのか

結論から言うと

完全に回復する場合と完全に回復しない場合があるということです。


個人の症状や場合によって違います。

私は以前、急性期の病院で働いていたことがあります。

その際も、脳梗塞の発症の方で完全に回復されていた方と
そうでない方を見ました。

完全に回復される方の特徴は、
発症直後から症状が軽い方に多かったように思います。

発症直後から重い症状が出ていた方は、
ほとんどの方で重い後遺症が続いて悩まされていました。

症状が軽い方は、回復が早く、
発症前に近い状態まで回復しやすいということだろうと思います。

一方で症状が重い方は回復期に完全に回復しきれないために、
回復出来なかった分だけ後遺症として残ってしまうのだろうと思います。

※脳梗塞の回復期については脳梗塞の急性期、回復期、維持期の記事を参照してください。


完全に回復するには、
この回復期にどれくらい回復するかも重要なんだと思います。

あと、症状が軽い方は、症状が重い方に比べて楽観的です。

また逆に重い方では悲観的です。


私はこれが症状の回復するか、
しないかにかなり深く関係しているのではないかと思います。



脳梗塞に限らず、どのような病気でも、
症状の軽い場合と重い場合では気持ちに違いがあると思います。



軽い場合は、

「これくらいの症状どうってことないわ」

「日にちがたてばすぐになおるだろう」

「仕事や生活にさほど差し支えないから、
 病気する前と同じようにできるだろう」

とか楽観的で前向きに考えていること場合が多いようです。



反対に重い場合は、

「先生に病気は治らないといわれたから」

「病気があることで将来が不安」「もっと悪くなってしまうのでは」

「家族に迷惑をかけてしまうのではないか」

「仕事が出来なくなり、生活が不安」など、

マイナス思考に陥りやすく、悲観的になる人が多いです。


また、楽観的な方と悲観的な方については、
行動や活動も違っています。


楽観的な方は、病気や障害があったとしても、
割合に積極的に行動したり活動したりします。

逆に病気の症状や障害が重い方は、
悲観的で行動や活動したりすることに対しても意欲が無くなり消極的です。

これは過去、様々な医療心理学や病気の研究データにより実証されているのだそうです。



何かをするにも意欲を無くし悲観的になり行動、活動することが出来なくなると、
マイナスのスパイラルになり、回復するどころか、
どんどん悪くなってしまう傾向に陥りやすいのだと思います。

脳梗塞の後遺症が残り、比較的に楽観的で意欲的に行動したり活動される方は、
後遺症が回復する可能性が高くなるのだと思います。

対して悲観的になり行動や活動をしなくなり消極的な思考になってしまうと、
後遺症が回復するどころか逆にどんどん悪くなるのだと思います。

楽観的な考えか悲観的に考えているかどうかで
後遺症の回復の度合いも変わってくるのだと思います。


私が以前、病院で見た脳梗塞の患者さんで後遺症をほぼ完全に回復された方がいます。

その方は発症直後に重い後遺症を患っておられましたが、
プラス思考で、何に対しても意欲的に行動や活動をされていました。

もともとの性格が積極的思考でかつ楽観的な方だった方みたいで、
それがよかったのかもしれません。




リハビリは後遺症を完全に回復させることはできるのか。

リハビリテーションは脳梗塞の障害を治療する上で、
最も有効な手段だといわれています。

しかし、私は後遺症を回復させるのはあまり効果がないと思います。
(リハビリ専門職の私がいうのはなんなんですが。)

リハビリをガンガンやれば後遺症が
回復するというのは間違いだと思います。

確かに回復期にガンガンリハビリを行うことである程度は回復するとは思いますが、
維持期に入ってからの後遺症の回復のリハビリは無意味だと思います。

維持期のリハビリは、それ以上悪くさせないようにするためのリハビリであって、
回復させるためのリハビリではないのですから。

なので後遺症から回復するにはリハビリを行うだけでは
回復はしないと思います。

また、病院や施設でリハビリを受けていると、
リハビリしているから安心できる。

リハビリをしているから回復しているはず。

リハビリをしているから、きっと将来には後遺症が回復する
などという思いこみがでてきます。

リハビリを受けていると受動的になりやすくなります。

お医者さんやリハビリの先生に任しとけば、
きっと後遺症は回復していくだろうと思ってしまいます。

これがそもそもいけないんだと思います。

お医者さんやリハビリの先生におすがりする
リハビリ信者になっていませんか?


今でも、重い後遺症で、
病院や施設に通っておられる方が多いと思います。

そのような方々は、以前よりも後遺症は回復されましたか?

多分、今だにずっとリハビリを受けているけど、
発症直後からさほど回復してない方がほとんどではないでしょうか。

後遺症が回復するどころか、
後遺症がさらに悪くなっている方も多いのではないでしょうか?

脳梗塞を発症してから後遺症を回復させるために長年、
リハビリを一生懸命受けてきたのに一向に良くならない。

それどころか悪くなっているといった場合、
リハビリをする意味はあるのでしょうか?

ないですよね。

このような場合に陥ってしまうと、さらに悲観的です。



リハビリ信者になり、自分に意味のない無駄な医療費、
リハビリ費を払い続けているだけです。まったくもって無駄です。




なら後遺症を回復させる効果がでるリハビリとは?


リハビリ以外で脳梗塞の後遺症を治していく方法はあるのか?。


受け身的なリハビリを受けても、回復はしていかないはずです。


長年、脳梗塞の後遺症と戦っている方で、
長年リハビリを受けてきて疲れていませんか?

病院や施設で専門の先生からリハビリを受ければ良くなると思っていたけど、
一向に良くならない。

なぜでしょう?

答えは簡単です。

自分で良くなりたいと思う気持ちがないからです。
良くなりたいから、自分で行動しないからです。
リハビリ信者になって、自分の体を医者やリハビリの先生に任せて、
受け身だから良くならないのです。



発症後から時間がたてばたつほど、
この良くなりたいという気持ちは薄れていくと思います。

「自分の後遺症は重たいんたから」、
「良いリハビリの先生から
長い目でみてじっくりリハビリを受けていかなければいけない。」
「障害があるから、いろんな活動ができないから」

とか

こんな考え方を持つと、ますます、良くなりたいという気持ちがなくなります。
また将来の希望もなくなり、現状に甘んじてしまい、
後遺症が回復することなくあとの人生を悲観的に過ごすだけになるのです。


脳梗塞の後遺症を回復させるための秘訣とは。


脳梗塞の後遺症を回復させるために必要なことは、

後遺症があることに対してなるべく悲観的にならないこと。

良くなりたいと思うこと。


もう1つは、

自分の好きなことをやりまくることだと思います。


欲望を抱き、自分でそれをするということは非常に重要だと思います。

楽しめることや好きなことをするというのは少々、
障害があってもやりたくなるものです。

後遺症があるからできないと最初から悲観的になり、
自分のやりたいことや好きなことをしないというのはもったいないと思います。

無駄なリハビリを長年受け続けるよりも、
自分の今やりたいこと、自分の好きなことをやるというのが、
後遺症を克服や回復させる最も良い方法だと思います。

好きなことや楽しいことをすることにより、後遺症があっても体を動かしたり、
精神的な活力が出てきて、
身体も動かし積極的に活動するようになるのではないでしょうか?

活動することにより、後遺症が苦しいということを忘れ、
脳や身体が活性されていくはずです。

とにかく、いつも楽観的にいて、自分は良くなるんだと思い、
自分の好きなことや楽しいことを思う存分やりましょう。

これが脳梗塞の後遺症を回復させる秘訣だと思います。



まとめ

脳梗塞の後遺症をほぼ完全に回復させた方で多いのは、
脳梗塞の症状が比較的に軽い方で、楽観的な人が多かった。

症状が重度の方は悲観的になりやすく、
さらに落ち込みマイナス思考になり、活動しなくなる。
活動しないことでさらに症状が悪化して、
いつまで経ってもよくならない。

リハビリは脳梗塞の後遺症を回復させるためには有効ではない。

回復期ではリハビリをすることで良くなっていくが、
維持期ではリハビリは意味がない。

リハビリをしているから良くなっていくはずだと思いこんだり、
医者やリハビリの先生任せになり、自分ではさらに何もしなくなる。
リハビリさえしとけば良いと思うようになりさらに後遺症は悪くなる。

脳梗塞の後遺症から回復させる方法は、

良くなりたいと思うこと。
悲観的にならず楽観的にいる。
自分の好きなこと、楽しいことをやりまくるために行動、活動すること。


行動、活動することで、脳や身体が活性されて、後遺症があることを意識しなくなるため、
悲観的にならずに生活できる。
posted by OT−M at 18:45 | 脳梗塞

軽い脳梗塞の症状と前兆を検査する方法

軽い脳梗塞の症状が出る場合があります。

軽いとはいえ  ほっといたら治るでしょうと軽く考えないでください。

脳梗塞の前兆として以下の症状が出た場合は軽い脳梗塞を引き起こしている場合があるので

受診されることをおすすめします。


手足がしびれる 思い通りに動かない

呂律が回ららない。


言いたい言葉がでてこない


めまい 頭痛



脳梗塞になって死亡する確率は15〜20%です


軽い脳梗塞の症状でもそれが重篤化する場合が大半なのです。

後遺症にならずに回復するのは全体の約2割で、
脳梗塞の発症から3時間以内に適切な治療を行った場合か、
早期発見されて点滴治療を行った場合で回復された例が多いようです。

早めの対応がカギですので気をつけておきましょう。

脳梗塞が発症していないか どうかを素人でも簡単にチェックできる

FAST」検査というものがあります。

Face  顔の麻痺  
顔の片方だけがゆがんでいないかをみる


Arm 腕の麻痺  
両手を挙げたままにしていられるか 10秒腕を前にならいの姿勢ができるか。 
腕が徐々に下に落ちていってないか。


Speech ろれつが回らない  
ラリルレロ、パピプペポ シャシュショ パカタパカタと言えるか


Time 発症時刻をメモしておきましょう。  
症状が現れた時刻を確認してください。





自己判断ではなく、家族や周囲の人が客観的に判断してもらった時に、
これらができていないと言われた場合は、
早めにお医者さんに行くかMRIなどの検査を受けていただきたいです。

軽い脳梗塞の症状 脳梗塞の前兆だと思われる症状は

一時的に症状が現れ、消えてしまうのです。

しばらくしてしまうと消えてしまうことが多いです。


これを治ったと思い込んで 受診をしないのはよくありません。

これは一時的に血管が詰まって血液の流れが止まり症状が現れているのです。

脳梗塞が起こりやすい状況にあり、

「もうすぐ血管が詰まるよ!」という警告なのです。

これらの症状を一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、TIA)

というのですが、 前兆が出た後、90日後には20〜30%の人が脳梗塞に至り、

その内の半数が48時間以内に発症します。

重度な脳梗塞を発症して手遅れになる前に、受診しましょう。


タグ:軽い 脳梗塞
posted by OT−M at 11:49 | 軽い脳梗塞

磯野貴理子 脳梗塞  原因は 麻痺はあるのか



タレント磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れ、緊急入院したことが28日判明しました。

 事務所によると磯野は今月23日、自宅にて体調不良を訴え、夫(高橋東吾さん)の付き添いで救急車で都内の病院に搬送。検査の結果、医師からは脳梗塞と診断された。なお、命に別状はなく、現在、経過を見守りながら療養しているという。また、今後は病状を見ながら復帰を目指すとしている。

早く復帰してほしいものです。

磯野貴理子さんの脳梗塞の発症の原因ですが 

もともと元気印だった磯野さん 

持病や生活習慣病もなく 生活されていたのに なぜ 脳梗塞になったのか?

ニュースや芸能番組でもいろいろ言われておりますが

ストレスとお酒の飲みすぎだそうです。

もともとタレントのお仕事というのは ストレスがたまるきつい仕事だといわれています。

磯野さん お酒が大好きだったそうで  ストレスもお酒で 紛らわそうとしていたこともあり 

身体に負担をかけて  脳梗塞の発症にいたったそうです。


 磯野も事務所を通じて「この度は、ご迷惑ご心配おかけして申し訳ありません。お詫び申し上げます。異変に気づいて病院に運んでくれた夫に命を拾ってもらいました。ご心配をおかけした皆様のためにも、ぜったいに直して元気な姿で戻ってきます! 一日も早くまた皆様にお会いできますように頑張ります」と復活を誓っている。

 入院にともない、今月29日に静岡・富士市文化会館で予定されている公演『はやく起きた朝は…オンステージ2014in静岡』の降板も発表。「チケットをご購入いただいたお客さまには、ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます」としている。

http://www.oricon.co.jp/news/2043850/full/ 参考


脳梗塞の発症の原因としては ストレスが もっとも悪質な原因になりうるんですね。

また身体の不調やストレスをお酒で解消するのも非常によくないらしいです。


今回の磯野さんの 麻痺の状態は報道されていませんが

ニュース記事では 脳梗塞の発症で比較的早い段階で 救急搬送されたので

麻痺も比較的軽いのではないかと思います。

磯野さん 早く ご回復されることをお祈りいたします。





posted by OT−M at 09:51 | 脳梗塞 芸能人

脳梗塞の予防 笑うこと

以前 テレビで 糖尿病を 笑って治すという企画をしていたのをみたことあります。
笑うことで 血糖値が下がるという研究結果があるそうです。

テレビでは 糖尿病を薬を使って治すのではなくて笑って治そうという企画でした。

笑うことはとても身体に良いらしく、血糖値を下げるだけではなく 身体の代謝を高めたり 血流をよくしたり免疫力を高めたりする効果もあるようです。

糖尿病だけではなく生活習慣病、動脈硬化改善などにも効果があり、脳卒中や脳梗塞発症を防止することにもつながるようです。

病気や怪我で障害をおってしまった人は、それが原因でふさぎこんで、笑うことをしなくなる人が多いです。
病気や怪我の後遺症があることで悲観的な人生をおくるより、無理にでも笑い飛ばして楽しく生きるスタイルに変えていく方がいいのです。その後の人生は楽しく 健康的な生活や人生を送れるのではないでしょうか。そうすることで 脳卒中や脳梗塞を再発を予防できるし、他の病気も防止できるので いいですね。

人生は1度しかおくれません。

たった1つの病気や怪我でその後の人生を悲観的に過ごすよりも 笑って楽しく健康的に生きた方がいいですよね。
posted by OT−M at 10:46 | 脳梗塞 予防

脳卒中 脳梗塞の保険審査は厳しい

脳卒中、脳梗塞を患っており、生命保険や団体信用の住宅ローンを組む時の保険の審査を受ける時、保険に加入できるかどうかの審査というのはやはり厳しいようです。

審査時には、「手足の障害がありますか」という記載項目があります。この項目に該当して 何の病気かいうのを 記載しなければいけません。血圧が高いかとか糖尿病があるかという質問もあります。保険会社の人は主には こちらの方を
審査の対象として重きをおいているようですが、高血圧や糖尿病の病歴がなく脳梗塞だけしかない場合においても 高血圧や糖尿病の可能性が高いと判断されてしまい、保険の審査に通らない場合がおおいようです。
脳梗塞になったというだけで保険の審査がきびしくなるようです。脳梗塞になったことのある方でも 後遺症もなく普通に仕事もして普通に不自由もなく生活している人でもやはり 以前に脳梗塞になったというだけで保険の審査に通らないということが多くあるようです。
posted by OT−M at 15:35 | 脳梗塞

隠れ脳梗塞の治療と予防

隠れ脳梗塞についてです。
隠れ脳梗塞は身体の麻痺などの自覚症状も特になく、医療期間で画像診断したときに脳梗塞が見つかるというものです。

自覚症状はとくにみられないが、ある日から 急に何をするにも億劫になった。やる気がない。意欲がでない。身体がなんとなくしんどいなどの症状がでるようです。

自覚症状があらわれないので隠れ脳梗塞というみたいなのですが、だれでもこの隠れ脳梗塞があるわけではないようです。

隠れ脳梗塞のある方というのは圧倒的に高血圧症状がある方と高齢者の方だそうです。

隠れ脳梗塞の予防はやはり生活習慣病の予防と同じ 適度な運動 規則正しい生活リズム 食事に気を使う事が予防方法だと考えられます。

隠れ脳梗塞の治療は難しく、やはり隠れ脳梗塞とはいえ血管が詰まって梗塞を起こしてしまっている状態の病巣が存在しているわけで、その梗塞部位を完全に治療してというわけにはいかないと思います。

隠れ脳梗塞自体は前述で記載したとおり高齢になるほどその発症可能率があがるわけですが、

若い20歳台でも隠れ脳梗塞の発症する可能性もあるので若い方も注意したほうがいいと思います。

特に若い方ですでに生活習慣病を患っている人は高齢者と同じくらいの発症可能率がありますので気をつけたほうがいいですね。

後で隠れ脳梗塞が見つかっても 梗塞部位を治すことはできないですから 後悔するよりも まずは 予防からしっかりしていったほうがいいですね。
posted by OT−M at 16:22 | 隠れ脳梗塞

脳梗塞 後遺症 失語症が残るということ

脳梗塞 後遺症 失語症についてですが

私は 左片麻痺で失語症はありませんが 

右片麻痺の場合には失語症が残ることがあります。

しかし必ずしも 右片麻痺で失語になるというわけではありません。

人間は脳で思考して言葉を操ります。

ですので、脳梗塞などで脳が損傷すれば、やはり言葉を操る機能にも影響が出てきます。

失語症では損傷を受けた部位によって具体的な症状が違ってきます。


脳にある「ブローカ野」は、左脳前頭葉の端っこに存在している領域ですが、

主に言語処理、特に「自分から発話する場合の言語処理」を担っている部位です。

ここが損傷して起こる失語症は特に「ブローカー失語症」と呼ばれて区別されます。

ブローカー失語症の具体的な症状の特徴としては、

「言語が理解はできるが、発語するのに障害がある」という状態になることです。


特に、発話のための運動機能に対しての障害が大きく、

うまく話すことができなくなります。

障害されるのは音声発話だけではなく、筆記などにおいても問題が見られるようです。


この場合、文法的に入り組んだ複雑な文章を作ることができなくなり、

内容的にストレートな表現をした簡素な文章のみ扱えるようになります。


もう一つの失語症としてよく見られるのが、

「ウェルニッケ失語症」です。


これはブローカー失語症と同じように左脳に存在している

「ウェルニッケ野」という部分が損傷することによって起こる症状で、

主に「言語を聞き取れなくなる、理解できなくなる」という症状で表れます。

また、流暢に話すことは出来るのですが、

本人が言語理解を損傷していますので「聴きやすいけれど、全く意味のわからない言葉」

をしゃべるというのも特徴です
posted by OT−M at 12:17 | 脳梗塞 後遺症 失語症

隠れ脳梗塞

なんらかの原因で脳の血管が詰まった脳梗塞があると、

脳が酸欠状態になってさまざまな症状が現れます。

脳に酸素が送れないと その先の神経細胞が死んでしまい機能しなくなります。

この状態を脳卒中といいます。

ところが普段、症状を自覚したことがないのに、

たまたま受けた検査で小さな脳梗塞が見つかることがあります。

このような自覚症状が現れない脳梗塞もあるのです。

たとえば脳梗塞になると 手足の運動麻痺  痺れ  などの症状が現れますが

自覚症状がない脳梗塞があります。


このようなケースを無症候性脳梗塞、俗に、隠れ脳梗塞と診断されます。

隠れ脳梗塞の大半は大脳の深部にある細かい動脈が詰まるタイプの脳梗塞で、ラクナ梗塞といいます。

どこの血管が詰まるかによって症状は異なりますが、歩きにくいからだが左右どちらかの一方に偏ってしまう、物を上手くつかめない、字が書き肉、しゃべりにくいなどといった症状が現れることが多いようです。

しかし、ラクナ梗塞がある人の中には、このような症状が明確に現れず、気づかないまま過ごしている人もいます。
タグ:隠れ 脳梗塞
posted by OT−M at 23:18 | 隠れ脳梗塞

脳梗塞のリハビリテーションについて

脳梗塞の治療医学も最近はかなりすすんできました。
ひと昔前ではそんなこと不可能でしょう?というようなことも最近では普通にできるようになってきました。
脳の詰まったところを溶解液で溶かして 脳梗塞を起こした部分を完全になおしてしまうとか  MRIで小さな脳梗塞 またが昔引き起こしていた脳梗塞のあとを見るとかもできるようになっています。
学術論文などを見ると 専門用語がでていてわからないですが  ネットでお医者さんなどがわかりやすく解説しているものもありますから そういうのをみて 理解できるとありがたいですよね。
一時期は脳梗塞の治療方法というとリハビリテーションが重要でしたが 最近は少しちがってきているようです。

脳梗塞は、片方の手足など体の半身に麻痺が起こったり、ろれつがまわらないというような言語障害が起こります。
麻痺は完全に麻痺する完全麻痺と少しなら動かせる 不完全麻痺に分けられます。

これら脳梗塞の症状はさまざまです。 また個人によってもその症状のでかたはかわります。
脳梗塞のリハビリでは主にこの手足の麻痺や言語の障害を治すように治療していきます。
今まで普通にできていた日常生活での行動も、脳梗塞の後遺症により、今までのようにはスムーズにできにくくなってしまいます。脳梗塞の後遺症を改善するためにも、リハビリテーションはとても重要になるといえるでしょう。
posted by OT−M at 23:46 | 脳梗塞 リハビリ

脳卒中 治療 身体をいたわること

脳卒中になり、身体に大きな後遺症が残り、動けなくなってしまった場合。

症状が固定してしまうといくらリハビリをガンガンやっても治らない。そのため回復期や急性期には重点的にガンガンリハビリをして治していかないといけないわけですが、リハビリをするに当たって、

リハビリをガンガン死に物狂いでやればいいわけでもない。無理をしないでやることです。リハビリをして疲労がたまると逆に悪影響だからです。

筋肉は 負担がかかると、疲労がたまってコリ固まってしまっってしまいます。そのため披露すると逆に筋肉が動きにくくなりますので

ガンガンやらずに 体をいたわりながら 徐々にやっていくのが一番いい方法です。

 


posted by OT−M at 11:27 | 脳梗塞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。